ヒーリングサロンを開く準備①

Healing Salonsヒーラーへの道【the-way-to-healer】

オーラソーマは、お金をもらってカウンセリングが出来るプラクティショナーになるのに一定の基準があります。

今はどうなっているか分かりませんが、当時はレベル3までの講座を受けている事。

そしてプラクティショナーになるために確か何人かのセッション記録と論文のようなレポートを出す必要がありました。

この二つの基準を満たし、私が晴れてプラクティショナーになった頃には季節が春になっていました。

その頃には頼んでおいたカラーボトルのフルセットとボトルを入れるケースも届いており、いつでも開業できる状態になったのです。

オーラソーマのカラーボトルをフルセット頼んだ時点では、まだクリスタルリーディングは出来て無かったのですが、それでもこの道(スピリチュアルな世界)でやって行こうという思いがあり、結果的にオーラソーマとクリスタルリーディングの二本柱でヒーリングサロンを開く流れになったのでした。

ただヒーリングサロンといってもお金を掛ける訳にはいかないので、場所は旦那さんの事務所を半分貸してくれるというので、入口の打ち合わせスペースとして使っていた場所をセッションするスペースへと変更することにしたのです。

ただ当時その場所に置いてあった机などは、もろにザ・事務所使用という感じで、さすがにヒーリングサロンにそれは無いやろということで、必要な家具を買うために旦那さんとあちこちの家具屋さんへ見に行くことにしたのでした。

タイトルとURLをコピーしました